2007年10月30日

組曲『ニコニコ動画』の楽譜や歌詞など

という訳で今回はいろいろと

今、ギターで組曲『ニコニコ動画』を練習中なのですが、ある一線をなっかなか超えられないのでうpしてみることにしました。
組曲『ニコニコ動画』のギターのTABです。

これは
作者がコード進行のメモ書き
用に使っているもので決して
人様に見せられるような
作品ではありませんので、そこらへんをよろしくおねがいします。

ちなみにピアノ版のスコアの一部をお借りしました。作者様ありがとうございます。
kumikyokug.zip

あとは作者さまのオリジナルです。
kumikyoku.zip

歌詞とか。みんなでうたいましょう!!
*01 - エージェント夜を往く / LindaAl-CUE

もっと 高めて果てなく 心の奥まで
貴方だけが使えるテクニックで
とかちつくち...
「いきます!」

もっと 高めて果てなく 心の奥まで
貴方だけが使える テクニックで
溶かしつくして
本能 渦巻く最中に 墜ちてくトキメキ
今宵だけの夢
踊るわ 激しく

*02 - ハレ晴レユカイ / 涼宮ハルヒ(平野綾)、長門有希(茅原実里)、朝比奈みくる(後藤邑子)

アル晴レタ日ノ事 魔法以上の愉快が
限りなく降り注ぐ 不可能じゃないわ
明日また会うとき 笑いながらハミング
うれしさを集めよう カンタンなんだよ こ・ん・な・の
追いかけてね 捕まえてみて 
大きな 夢&夢 好きでしょ?

*03 - 患部で止まってすぐ溶ける 〜 狂気の優曇華院 / IOSYS

昆布だし効いてるよ
鰹と昆布のあわせ技
昆布だし効いてるよ
鰹と昆布だよー

*04 - Help me, ERINNNNNN!! / ビートまりお

あぁ、どうしよう!?
高く振り上げたこの腕
私のお月様 逆さまのお月様

*05 - nowhere / FictionJunction YUUKA

ヤンマーニ ヤンマーニ ヤンマーニ ヤイーヤ
ヤンマーニ ヤンマーニ ヤンマーニ ヤイーヤ
ヤンマーニ ヤンマーニ ヤンマーニ ヤイーヤ
二人を結んでる 全てをみせる星の
導きにそむいて まっすぐに駆け上がる 空にある扉へ
何処までも私はいくの

*06 - クリティウスの牙 / 光宗信吉

Y「速攻魔法発動!バーサーカーソウル!」
H「バーサーカーソウル!?」
Y「手札を全て捨て、効果発動!こいつはモンスター以外のカードが出るまで何回でもドローし、墓地に捨てるカードだ。そしてその数だけ、攻撃力1500以下のモンスターは追加攻撃できる!」
H「攻撃力1500以下!?はっ!あのとき…!!」

*07 - GONG / JAM Project

今こそ立ち上がれ
さだめの戦士よ
稲妻の剣で
敵を蹴散らせ

*08 - 森のキノコにご用心 / 下村陽子

Exiting the forest is super simple,
All you do is follow these patterns,
for the rest of your gaming

*09 - Butter-Fly / 和田光司

Love

*10 - 真赤な誓い / 福山芳樹

今はわからないことばかりだけど
信じるこの道を進むだけさ
どんな敵でも味方でもかまわない
この手を放すもんか
真っ赤な誓い


*11 - エアーマンが倒せない / せら

あの竜巻 何回やっても避けれない
後ろに回って撃ち続けても いずれは風に飛ばされる
タイム連打も試してみたけど 竜巻相手じゃ意味がない!
だから次は絶対勝つために 僕はE缶だけは最後までとっておくー!

*12 - 勇気VS意地 / 佐橋俊彦

勇敢な瞳光らせ 進化していく魂
どこまでも未来を目指し

*13 - アンインストール / 石川智晶

アンインストール アンインストール
この星の無数の塵のひとつだと
今の僕には理解できない
アンインストール アンインストール
恐れを知らない戦士のように
振る舞うしかない アンインストール

*14 - 鳥の詩 / Lia

(消える)飛行機雲 僕たちは見送った
眩しくて逃げた
いつだって弱くて あの日から変わらず
いつまでも変わらずに
いられなかったこと 悔しくて指を離す

*15 - you / dai

あなたは今どこで何をしていますか?
この空の続く場所にいますか?
いつものように笑顔でいてくれますか?
今はただそれを 願い続ける

*16 - 魔理沙は大変なものを盗んでいきました / IOSYS

嫌い キライ loving (あん ああん あん ああん あん)
誰が ダレガ can't be alive without you
どうしてなぜかしら (あん ああん あん)
why why why why don't I miss you a lot, forever?

知らないわ そんな魔法
想いは伝えたらこわれちゃう
あなたとは 違うから
ひとの心まで簡単に盗まないで

*17 - 思い出は億千万 / 蒼い牙

子供の頃 やった事あるよ 
色あせた記憶だ 紅白帽頭に 
ウルトラマン ウルトラマンセブン
子供の頃 懐かしい記憶 
カレーとかの時に 銀のスプーン目にあて 
ウルトラマン ウルトラマンセブーン!

でも今じゃそんな事も忘れて
何かに追われるように毎日生きてる
見過ごしてた景色は おっくせんまん!おっくせんまん! (はぁん♪)
過ぎ去りし季節は グラフィティ〜
君がくれた勇気は おっくせんまん!おっくせんまん! (はぁん♪)
過ぎ去りし季節は ドラマチィック〜

*18 - God knows... / 涼宮ハルヒ(平野綾)

私ついていくよ
どんな辛い世界の闇の中でさえ
きっとあなたは輝いて
超える未来の果て
弱さ故に魂こわされぬように
my way 重なるよ いま
ふたりに God bless...

*19 - もってけ!セーラーふく / 泉こなた(平野綾)、柊かがみ(加藤英美里)、柊つかさ(福原香織)、高良みゆき(遠藤綾)

もっていけ!
最後に笑っちゃうのはあたしのはず
セーラーふくだからです←結論
月曜日なのに!
機嫌悪いのどうするよ?
夏服がいいのです←キャ? ワ! イイv

*20 - ガチャガチャへるつ・ふぃぎゅ@ラジオ / MOSAIC.WAV(みーこ)

国民全員で
ガチャガチャきゅ〜っとふぃぎゅあっと
あっと もっと 大声で みんなで叫びましょう〜
フィギュアもある意味三次元♪

*21 - 創聖のアクエリオン / AKINO

一万年と二千年前から愛してる
八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった
一億と二千年あとも愛してる
君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない

*22 - ふたりのもじぴったん / 神前暁

ぴったん たんた もじぴったん
りんらん らんら もじぴったん 

*23 - つるぺったん / Silver Forest (Kana)

ぺったん ぺったん つるぺったん (ようじょ ようじょ つるぺたようじょ)
ぺったん ぺったん つるぺったん (つるぺたってゆ〜なぁ〜!)

*24 - Here we go! / 近藤浩治

ニートがいっぱい ニコニコ動画
今日も朝から 

*25 - true my heart / ave;new feat. 佐倉紗織

想いは 優しい きしめん



想いは 優しい きしめん

*26 - kiss my lips / ave;new feat. 佐倉沙織

駆ける砂浜 追いつけるかな?
feeling 近づく横顔
kiss my lips 両手で抱きしめて〜

*27 - RODEO MACHINE / HALFBY

うっ! うっ! うっ! うっ!
おまwおまいGONZO! (おまいGONZO)
おまいGONZO! (おまいGONZO)
おまいGONZO! (おまいGONZO)
すいません これで何聞くの?(´・ω・`)

*28 - 序曲(DRAGON QUEST) / すぎやまこういち
君が代(日本国新国歌 2008年〜)


君が代は
千代に 八千代に
さざれ石の

*29 - FINAL FANTASY / 植松伸夫
準君が代(日本国新国歌 2008年〜)


巌となりて
苔のむすまで

*30 - ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト / MOSAIC.WAV(みーこ)

ガチャガチャきゅ〜とふぃぎゅあっと☆
この街に降りたエ〜ンジェル
おでまし愛の原型師
妄想!爆走!いのちがけ

ガチャガチャきゅ〜とふぃぎゅあっと☆
もっと!ちゃんと!愛でなさい!(Fu〜)
磨きなさい!(Fu〜)崇めなさ〜い!(Fu〜)

*31 - あいつこそがテニスの王子様 / 佐橋俊彦

You are The Prince of tennis〜

*32 - レッツゴー!陰陽師 / 矢部野彦麿(でんちゅう)&琴姫(MOMOEIKA)

すぐに呼びましょ陰陽師!(れっつごー!)

*33 - さくら / 山田耕筰 feat. Fooさん

鬱です。
本日はニコニコ動画(γ)に
御アクセス頂き、
ありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、
この動画は元サイト都合により
ご覧になることが出来ません。
またの御アクセスをお待ちしております。



てなかんじ?

posted by にのすけ at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組曲『ニコニコ動画』の楽譜や歌詞など

という訳で今回はいろいろと

今、ギターで組曲『ニコニコ動画』を練習中なのですが、ある一線をなっかなか超えられないのでうpしてみることにしました。
組曲『ニコニコ動画』のギターのTABです。

これは
作者がコード進行のメモ書き
用に使っているもので決して
人様に見せられるような
作品ではありませんので、そこらへんをよろしくおねがいします。

ちなみにピアノ版のスコアの一部をお借りしました。作者様ありがとうございます。
kumikyokug.zip

あとは作者さまのオリジナルです。
kumikyoku.zip

歌詞とか。みんなでうたいましょう!!
*01 - エージェント夜を往く / LindaAl-CUE

もっと 高めて果てなく 心の奥まで
貴方だけが使えるテクニックで
とかちつくち...
「いきます!」

もっと 高めて果てなく 心の奥まで
貴方だけが使える テクニックで
溶かしつくして
本能 渦巻く最中に 墜ちてくトキメキ
今宵だけの夢
踊るわ 激しく

*02 - ハレ晴レユカイ / 涼宮ハルヒ(平野綾)、長門有希(茅原実里)、朝比奈みくる(後藤邑子)

アル晴レタ日ノ事 魔法以上の愉快が
限りなく降り注ぐ 不可能じゃないわ
明日また会うとき 笑いながらハミング
うれしさを集めよう カンタンなんだよ こ・ん・な・の
追いかけてね 捕まえてみて 
大きな 夢&夢 好きでしょ?

*03 - 患部で止まってすぐ溶ける 〜 狂気の優曇華院 / IOSYS

昆布だし効いてるよ
鰹と昆布のあわせ技
昆布だし効いてるよ
鰹と昆布だよー

*04 - Help me, ERINNNNNN!! / ビートまりお

あぁ、どうしよう!?
高く振り上げたこの腕
私のお月様 逆さまのお月様

*05 - nowhere / FictionJunction YUUKA

ヤンマーニ ヤンマーニ ヤンマーニ ヤイーヤ
ヤンマーニ ヤンマーニ ヤンマーニ ヤイーヤ
ヤンマーニ ヤンマーニ ヤンマーニ ヤイーヤ
二人を結んでる 全てをみせる星の
導きにそむいて まっすぐに駆け上がる 空にある扉へ
何処までも私はいくの

*06 - クリティウスの牙 / 光宗信吉

Y「速攻魔法発動!バーサーカーソウル!」
H「バーサーカーソウル!?」
Y「手札を全て捨て、効果発動!こいつはモンスター以外のカードが出るまで何回でもドローし、墓地に捨てるカードだ。そしてその数だけ、攻撃力1500以下のモンスターは追加攻撃できる!」
H「攻撃力1500以下!?はっ!あのとき…!!」

*07 - GONG / JAM Project

今こそ立ち上がれ
さだめの戦士よ
稲妻の剣で
敵を蹴散らせ

*08 - 森のキノコにご用心 / 下村陽子

Exiting the forest is super simple,
All you do is follow these patterns,
for the rest of your gaming

*09 - Butter-Fly / 和田光司

Love

*10 - 真赤な誓い / 福山芳樹

今はわからないことばかりだけど
信じるこの道を進むだけさ
どんな敵でも味方でもかまわない
この手を放すもんか
真っ赤な誓い


*11 - エアーマンが倒せない / せら

あの竜巻 何回やっても避けれない
後ろに回って撃ち続けても いずれは風に飛ばされる
タイム連打も試してみたけど 竜巻相手じゃ意味がない!
だから次は絶対勝つために 僕はE缶だけは最後までとっておくー!

*12 - 勇気VS意地 / 佐橋俊彦

勇敢な瞳光らせ 進化していく魂
どこまでも未来を目指し

*13 - アンインストール / 石川智晶

アンインストール アンインストール
この星の無数の塵のひとつだと
今の僕には理解できない
アンインストール アンインストール
恐れを知らない戦士のように
振る舞うしかない アンインストール

*14 - 鳥の詩 / Lia

(消える)飛行機雲 僕たちは見送った
眩しくて逃げた
いつだって弱くて あの日から変わらず
いつまでも変わらずに
いられなかったこと 悔しくて指を離す

*15 - you / dai

あなたは今どこで何をしていますか?
この空の続く場所にいますか?
いつものように笑顔でいてくれますか?
今はただそれを 願い続ける

*16 - 魔理沙は大変なものを盗んでいきました / IOSYS

嫌い キライ loving (あん ああん あん ああん あん)
誰が ダレガ can't be alive without you
どうしてなぜかしら (あん ああん あん)
why why why why don't I miss you a lot, forever?

知らないわ そんな魔法
想いは伝えたらこわれちゃう
あなたとは 違うから
ひとの心まで簡単に盗まないで

*17 - 思い出は億千万 / 蒼い牙

子供の頃 やった事あるよ 
色あせた記憶だ 紅白帽頭に 
ウルトラマン ウルトラマンセブン
子供の頃 懐かしい記憶 
カレーとかの時に 銀のスプーン目にあて 
ウルトラマン ウルトラマンセブーン!

でも今じゃそんな事も忘れて
何かに追われるように毎日生きてる
見過ごしてた景色は おっくせんまん!おっくせんまん! (はぁん♪)
過ぎ去りし季節は グラフィティ〜
君がくれた勇気は おっくせんまん!おっくせんまん! (はぁん♪)
過ぎ去りし季節は ドラマチィック〜

*18 - God knows... / 涼宮ハルヒ(平野綾)

私ついていくよ
どんな辛い世界の闇の中でさえ
きっとあなたは輝いて
超える未来の果て
弱さ故に魂こわされぬように
my way 重なるよ いま
ふたりに God bless...

*19 - もってけ!セーラーふく / 泉こなた(平野綾)、柊かがみ(加藤英美里)、柊つかさ(福原香織)、高良みゆき(遠藤綾)

もっていけ!
最後に笑っちゃうのはあたしのはず
セーラーふくだからです←結論
月曜日なのに!
機嫌悪いのどうするよ?
夏服がいいのです←キャ? ワ! イイv

*20 - ガチャガチャへるつ・ふぃぎゅ@ラジオ / MOSAIC.WAV(みーこ)

国民全員で
ガチャガチャきゅ〜っとふぃぎゅあっと
あっと もっと 大声で みんなで叫びましょう〜
フィギュアもある意味三次元♪

*21 - 創聖のアクエリオン / AKINO

一万年と二千年前から愛してる
八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった
一億と二千年あとも愛してる
君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない

*22 - ふたりのもじぴったん / 神前暁

ぴったん たんた もじぴったん
りんらん らんら もじぴったん 

*23 - つるぺったん / Silver Forest (Kana)

ぺったん ぺったん つるぺったん (ようじょ ようじょ つるぺたようじょ)
ぺったん ぺったん つるぺったん (つるぺたってゆ〜なぁ〜!)

*24 - Here we go! / 近藤浩治

ニートがいっぱい ニコニコ動画
今日も朝から 

*25 - true my heart / ave;new feat. 佐倉紗織

想いは 優しい きしめん



想いは 優しい きしめん

*26 - kiss my lips / ave;new feat. 佐倉沙織

駆ける砂浜 追いつけるかな?
feeling 近づく横顔
kiss my lips 両手で抱きしめて〜

*27 - RODEO MACHINE / HALFBY

うっ! うっ! うっ! うっ!
おまwおまいGONZO! (おまいGONZO)
おまいGONZO! (おまいGONZO)
おまいGONZO! (おまいGONZO)
すいません これで何聞くの?(´・ω・`)

*28 - 序曲(DRAGON QUEST) / すぎやまこういち
君が代(日本国新国歌 2008年〜)


君が代は
千代に 八千代に
さざれ石の

*29 - FINAL FANTASY / 植松伸夫
準君が代(日本国新国歌 2008年〜)


巌となりて
苔のむすまで

*30 - ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト / MOSAIC.WAV(みーこ)

ガチャガチャきゅ〜とふぃぎゅあっと☆
この街に降りたエ〜ンジェル
おでまし愛の原型師
妄想!爆走!いのちがけ

ガチャガチャきゅ〜とふぃぎゅあっと☆
もっと!ちゃんと!愛でなさい!(Fu〜)
磨きなさい!(Fu〜)崇めなさ〜い!(Fu〜)

*31 - あいつこそがテニスの王子様 / 佐橋俊彦

You are The Prince of tennis〜

*32 - レッツゴー!陰陽師 / 矢部野彦麿(でんちゅう)&琴姫(MOMOEIKA)

すぐに呼びましょ陰陽師!(れっつごー!)

*33 - さくら / 山田耕筰 feat. Fooさん

鬱です。
本日はニコニコ動画(γ)に
御アクセス頂き、
ありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、
この動画は元サイト都合により
ご覧になることが出来ません。
またの御アクセスをお待ちしております。



てなかんじ?

posted by にのすけ at 22:28| Comment(2) | TrackBack(1) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

第57回「初回限定の教育」

 「なにやってるんだ?」
 「初版をさがしてるんだよ」
 「そういやなんでオタクは初版にこだわるんだ?」
 「というか初版と重版両方買うんだけどね」
 「――ほんとオタクってもんは解らんな」
 「いやぁ、重版と初版の違いはプレミアものなのだよ、見逃せないね」
 「そうか……」
  
 「ライトノベルは読書離れした子供たちへむけた最先端の対応策なんじゃないかな」
 「いきなり何を言い出す」
 「だいたい子供が本を読もうとしないのはマンガみたいに絵がないからでしょ」
 「はあ」
 「ライトノベルだったら絵がはいっていて文も簡易化してあるし、いいんじゃないかな」
 「それは……たしかにな」
 「そうなのだよ、オタク文化は最先端の問題に取り組んでいるんだよ」
 「というかそれ、子供じゃなくて大きい子供じゃないのか?」
 「あ……なるほど」


いーろいろありました。
組曲『ニコニコ動画』のギターバージョンをつくっていました。次の記事あたりで紹介します。
posted by にのすけ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第57回「初回限定の教育」

 「なにやってるんだ?」
 「初版をさがしてるんだよ」
 「そういやなんでオタクは初版にこだわるんだ?」
 「というか初版と重版両方買うんだけどね」
 「――ほんとオタクってもんは解らんな」
 「いやぁ、重版と初版の違いはプレミアものなのだよ、見逃せないね」
 「そうか……」
  
 「ライトノベルは読書離れした子供たちへむけた最先端の対応策なんじゃないかな」
 「いきなり何を言い出す」
 「だいたい子供が本を読もうとしないのはマンガみたいに絵がないからでしょ」
 「はあ」
 「ライトノベルだったら絵がはいっていて文も簡易化してあるし、いいんじゃないかな」
 「それは……たしかにな」
 「そうなのだよ、オタク文化は最先端の問題に取り組んでいるんだよ」
 「というかそれ、子供じゃなくて大きい子供じゃないのか?」
 「あ……なるほど」


いーろいろありました。
組曲『ニコニコ動画』のギターバージョンをつくっていました。次の記事あたりで紹介します。
posted by にのすけ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

第56回「チャレンジャー」

 「お前もよく買うな、そんなに」
 「まあ目に付いていいと思ったものは買ってるからね」
 「よくそんな初見買いできるな、それとも事前に調べたりでもしてるのか?」
 「まさか、オタクっていうものは情報が勝手に無線で頭に入ってくるものなんだよ」
 「……そりゃ便利だな」
  
 「オタクってなんでも手をだそうとするよね」
 「そうだな、お前がなんにでも手付けたがるしな」
 「なんでだろうね」
 「これもまたオタクの特色の一つじゃないか?」
 「ほう、確かにチャレンジャーだからね、オタクは」
 「チャレンジ精神は大事というが、この場合だと逆だな。沢山買っていいことがあるとはなかなか思えん」
 「そんなことないさ、充実感は満たされるし。充実感はオタクの糧なんだよ。それに目に付けたもの全部ひきつけられてはまる生き物だからどうしようもないことだよ」
 「……いろいろと尊敬あるのみだぜ、お前の行動には。いろんな意味で」
posted by にのすけ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第56回「チャレンジャー」

 「お前もよく買うな、そんなに」
 「まあ目に付いていいと思ったものは買ってるからね」
 「よくそんな初見買いできるな、それとも事前に調べたりでもしてるのか?」
 「まさか、オタクっていうものは情報が勝手に無線で頭に入ってくるものなんだよ」
 「……そりゃ便利だな」
  
 「オタクってなんでも手をだそうとするよね」
 「そうだな、お前がなんにでも手付けたがるしな」
 「なんでだろうね」
 「これもまたオタクの特色の一つじゃないか?」
 「ほう、確かにチャレンジャーだからね、オタクは」
 「チャレンジ精神は大事というが、この場合だと逆だな。沢山買っていいことがあるとはなかなか思えん」
 「そんなことないさ、充実感は満たされるし。充実感はオタクの糧なんだよ。それに目に付けたもの全部ひきつけられてはまる生き物だからどうしようもないことだよ」
 「……いろいろと尊敬あるのみだぜ、お前の行動には。いろんな意味で」
posted by にのすけ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

第55回「基礎の基礎が大事」

  前回の続き
 「ところで本題に入りたいのだが」
 「なんだい?」
 「最近の一メディアはオタクを挙げて叩きたいような言動が目立ってきてるよな」
 「そうだね、というかもともとそういう偏見が出来ちゃってるからね、間逃れようのない事だよ……」
 「そこで少し考えてみたんだが、そういうのって必ずオタク側も反撃のように異常なほどの叩きがやってくるよな」
 「叩かれたら叩き返す。それがオタククオリティーだよ」
 「……なんというか――やはりそうなのか」
  
 「そもそも、何でこんな偏見が生まれたんだろうな」
 「やっぱり『電車男』の影響じゃん?」
 「今ごろ――と言うべきなのだろうが。あれはあれで必死というかそれなりに頑張ったよ。というよりそう見えたぜ」
 「そうだね、オタクからしてもゴールデンドラマや映画化っていうのはオタクを一般人に認めさせるのに一番近いと思っていたんだけどねえ」
 「それがオタクの期待をばっさりとぶった切って逆効果になってしまった――と……」
 「儚いね」
 「儚いな」
  
  
 「というかあの板って最初からオタクが少なかったんだろ」
 「そうだね、リアルタイムでは見れなかったけどDAT見たらかなりオタク以外の住人が多かったね」
 「全部見たのか」
 「まあオタクの使命としてみるべきだよ、でもあれが過剰すぎるかって言われるとオタクは黙るんだよね――」
 「知らぬしらの間に浸かってたりするんだよな」
 「――それがオタクだからね」
  
  
 「かなり根本的なことなんだけどさぁ」
 「なんだ?」
 「オタクってどういうのがオタク?」
 「……コミケに行くとかか??」
 「最近のオタクの定義っていうのは『深夜アニメみちゃった〜』とかほざいてそしたらオタク認定になったりするよね」
 「ああ、だったら『のだめカンタービレ』とかの異常な視聴率から見て学生の8割9割はオタクってことになるな」
 「そうだよね、少女漫画のアニメ化が深夜でやるくらいだしね。一応結衣もオタクに分類されるとするとアニメ見てその原作を徹底的に読むプラスコミケへ行ってるくらいでオタク認定じゃない?」
 「かなりオタクは減るだろうな、地方の人とかコミケへ行けない場合だってあるような」
 「まあ同人誌即売会とか地方イベントに出てればオタク認定でいいんじゃない?」
 「なるほど、って俺達は何を議論しているんだ?」
 「オタクレベル測定法の定義について」
 「いつのまにか話し込むっていうのがオタク系クオリティーなのかもな」
 「そうかもね!それじゃあ今日のおさらい」


其の壱

 
 オタクとは、「叩かれたら叩き返す」。

其の弐 オタクとは、「電車男は論外の害」。
其の参
 オタクとは、「コミケ&深夜原作」。
 「そうか、解るが覚えるべきでない知識だな。最後とか理解不能だし」
 「大丈夫だよ、最近の腐男子は需要あるから」
 「……だれが」
  
雄二乙です。

最近このHPがやっと一日250アクセスを越えるようになって(休日)浮かれていたのですが、
コメントがない!
orz

そんな突っ込みづらいですか……

などと落ちこんでみたんですけど
その内にどうにかなるだろうといつも先送りに……

てな訳で、代々的に大改装をしようと(どういう訳だ
思ってまして。
とにかくがんばります。やおいすまそ人
posted by にのすけ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第55回「基礎の基礎が大事」

  前回の続き
 「ところで本題に入りたいのだが」
 「なんだい?」
 「最近の一メディアはオタクを挙げて叩きたいような言動が目立ってきてるよな」
 「そうだね、というかもともとそういう偏見が出来ちゃってるからね、間逃れようのない事だよ……」
 「そこで少し考えてみたんだが、そういうのって必ずオタク側も反撃のように異常なほどの叩きがやってくるよな」
 「叩かれたら叩き返す。それがオタククオリティーだよ」
 「……なんというか――やはりそうなのか」
  
 「そもそも、何でこんな偏見が生まれたんだろうな」
 「やっぱり『電車男』の影響じゃん?」
 「今ごろ――と言うべきなのだろうが。あれはあれで必死というかそれなりに頑張ったよ。というよりそう見えたぜ」
 「そうだね、オタクからしてもゴールデンドラマや映画化っていうのはオタクを一般人に認めさせるのに一番近いと思っていたんだけどねえ」
 「それがオタクの期待をばっさりとぶった切って逆効果になってしまった――と……」
 「儚いね」
 「儚いな」
  
  
 「というかあの板って最初からオタクが少なかったんだろ」
 「そうだね、リアルタイムでは見れなかったけどDAT見たらかなりオタク以外の住人が多かったね」
 「全部見たのか」
 「まあオタクの使命としてみるべきだよ、でもあれが過剰すぎるかって言われるとオタクは黙るんだよね――」
 「知らぬしらの間に浸かってたりするんだよな」
 「――それがオタクだからね」
  
  
 「かなり根本的なことなんだけどさぁ」
 「なんだ?」
 「オタクってどういうのがオタク?」
 「……コミケに行くとかか??」
 「最近のオタクの定義っていうのは『深夜アニメみちゃった〜』とかほざいてそしたらオタク認定になったりするよね」
 「ああ、だったら『のだめカンタービレ』とかの異常な視聴率から見て学生の8割9割はオタクってことになるな」
 「そうだよね、少女漫画のアニメ化が深夜でやるくらいだしね。一応結衣もオタクに分類されるとするとアニメ見てその原作を徹底的に読むプラスコミケへ行ってるくらいでオタク認定じゃない?」
 「かなりオタクは減るだろうな、地方の人とかコミケへ行けない場合だってあるような」
 「まあ同人誌即売会とか地方イベントに出てればオタク認定でいいんじゃない?」
 「なるほど、って俺達は何を議論しているんだ?」
 「オタクレベル測定法の定義について」
 「いつのまにか話し込むっていうのがオタク系クオリティーなのかもな」
 「そうかもね!それじゃあ今日のおさらい」


其の壱

 
 オタクとは、「叩かれたら叩き返す」。

其の弐 オタクとは、「電車男は論外の害」。
其の参
 オタクとは、「コミケ&深夜原作」。
 「そうか、解るが覚えるべきでない知識だな。最後とか理解不能だし」
 「大丈夫だよ、最近の腐男子は需要あるから」
 「……だれが」
  
雄二乙です。

最近このHPがやっと一日250アクセスを越えるようになって(休日)浮かれていたのですが、
コメントがない!
orz

そんな突っ込みづらいですか……

などと落ちこんでみたんですけど
その内にどうにかなるだろうといつも先送りに……

てな訳で、代々的に大改装をしようと(どういう訳だ
思ってまして。
とにかくがんばります。やおいすまそ人
posted by にのすけ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

第54回「ツンデルとき、ツンデレば」

 「最近ってツンデレブームだとかいうけど、なんでかしらね」
 「……さあ」
 「なに?今の間は」
 「いや、お前もツンデレのような――」
 「だ、だれがよ!!」
 「だって――」
 「だってじゃない!ちがう!」
 「絶対ツンデレだ――」
  どこっ!
 「あぐっ!」
 「素直に物事を言うことはいいことかもしれないけど、その生き方だと命が数個必要じゃない?」
 「……仰るとおりです」
  
 「ラブコメってるね」
 「どこがだ」
 「ツンデレとの痴話喧嘩はフラグ立ての第一歩なのだよ」
 「あんたも肉体的に教育が必要かしら?」
 「――……結構っす」
  
 「ツンデレといえばさあ」
 「さっきからツンデレツンデレって――」
 「いや、ちがう!すこしオタクについてモノローグに浸ろうとしただけだ」
 「はっはっは、結衣も早とちりするようになったとは、ツンデレへの道を着々と――」
 「何度言ったら?」
 「――善処します」
posted by にのすけ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第54回「ツンデルとき、ツンデレば」

 「最近ってツンデレブームだとかいうけど、なんでかしらね」
 「……さあ」
 「なに?今の間は」
 「いや、お前もツンデレのような――」
 「だ、だれがよ!!」
 「だって――」
 「だってじゃない!ちがう!」
 「絶対ツンデレだ――」
  どこっ!
 「あぐっ!」
 「素直に物事を言うことはいいことかもしれないけど、その生き方だと命が数個必要じゃない?」
 「……仰るとおりです」
  
 「ラブコメってるね」
 「どこがだ」
 「ツンデレとの痴話喧嘩はフラグ立ての第一歩なのだよ」
 「あんたも肉体的に教育が必要かしら?」
 「――……結構っす」
  
 「ツンデレといえばさあ」
 「さっきからツンデレツンデレって――」
 「いや、ちがう!すこしオタクについてモノローグに浸ろうとしただけだ」
 「はっはっは、結衣も早とちりするようになったとは、ツンデレへの道を着々と――」
 「何度言ったら?」
 「――善処します」
posted by にのすけ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

第53回「オマージュ」

 「最近の作品にはオマージュが多いいよね」
 「オマージュ?」
 「他作のネタとかをリスペクトしてその作品で使うことだよ」
 「それっていわゆるパクリなんじゃないか?」
 「パクリとはちがうんだよね、なんていうかあれだよ、そういうの見ると『あ〜、あのネタだぁ〜』とか解って優越な気分になるじゃん」
 「解らなくもないが……」
 「でもちょっと下手な使い方しただけで批判を呼んじゃうんだよね」
 「はあ……、まあ沢山そういう要素盛り込んだほうが楽しそうだしな」
 「最近のオタクがテーマの漫画や小説はそういうの多いからね」
 「そうだな」
 「あと、原作のオマージュとアニメ版のオマージュを見比べるのもたのしいよ」
 「はあ……、ピンポイントなネタはやめようぜ」
 「……」
posted by にのすけ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第53回「オマージュ」

 「最近の作品にはオマージュが多いいよね」
 「オマージュ?」
 「他作のネタとかをリスペクトしてその作品で使うことだよ」
 「それっていわゆるパクリなんじゃないか?」
 「パクリとはちがうんだよね、なんていうかあれだよ、そういうの見ると『あ〜、あのネタだぁ〜』とか解って優越な気分になるじゃん」
 「解らなくもないが……」
 「でもちょっと下手な使い方しただけで批判を呼んじゃうんだよね」
 「はあ……、まあ沢山そういう要素盛り込んだほうが楽しそうだしな」
 「最近のオタクがテーマの漫画や小説はそういうの多いからね」
 「そうだな」
 「あと、原作のオマージュとアニメ版のオマージュを見比べるのもたのしいよ」
 「はあ……、ピンポイントなネタはやめようぜ」
 「……」
posted by にのすけ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

第52回「お祭り(普通の意味)」

 「お祭りの季節ねぇ」
 「そうだねぇ、着物の季節だねえ」
 「――まあそうだなお祭りはおいといて」
 「それだ!!」
 「なにがだ」
 「フラグ立てだよ!」
 「はあ……」
 「あんたはどうしてもそっち系の話に持っていきたがるのね」
 「今に解ったことじゃないさ」
 「とにかく行こう!」
  
  ――という訳でお祭り
 「来たねーお祭り」
 「お前にとってのお祭りはコミケとかサンクリだけじゃなかったのか」
 「失礼な。そんなこったないさ、そういう発想の持ち主はこのギャルゲ主人公かな?」
 「だれがだ」
 「それより何か言う事はないの?」
 「そうそう、それなりにがんばったというのに」
 「ええ、そうですよ」
 「ん、ああ。浴衣、似合ってるな」
 「つれない反応だね、こういう時が一番良いフラグが立つ時なのに」
 「いや、フラグとかじゃなくて……、まあ似合ってるからいいんじゃないか?」
 「それにしてもありえない状況だよね」
 「なにがだ?」
 「3人から囲まれるハーレムっていう絵、なかなかないよ、ギャルゲーでもここまでうまくフラグ立たせるの難しいのに」
 「それは2次g――」
 「――ストップだな、ここから先は」
 「……」
  
 「でも高くなったねー」
 「屋台もなかなか無いイベントなんだし、儲ける事ができるときいもうけとかなきゃ」
 「そうですね、屋台は臭いとかに釣られて衝動で買ってしまったりしますしね」
 「まあ、儲かるイベントなんだろ」
 「コミケもそうだよね、そうゆうイベントだからこそ買える品があるから儲かるんだろうね」
 「またそっちか」
 「でも、お好み焼きなんて5年前までは300円で買えたのに、今は500円ですよ」
 「そうだねえ、コミケの物価は今も昔もそんなに変わってないね」
 「まあそうだな、出す側はそれはそれで儲かるんだろうが、買う俺達のことも少しは考慮して欲しいというか……」
 「全てはこんな時だからこそ衝動買いしてしまう私たちがわるいんだろうけど」
 「そうだな、コミケで大量に初見買いしているやつにいわれたくないが」
 

 
射的にて

 「こういうのって絶対的に無理なんだよな、しかし解っていてもやってしまうという――」
 「まあ楽しむものだからね」
 「というかDSとかそういうのがあるけど絶対落ちないのよね」
 「当たったとしても下に落ちることは殆どないし」
 「落ちたとしてもしょうも無い商品ばかりだし」
 「まあこれは楽しむためだから、ゲーセンで金をつぎ込んでいるのと同じだよ」
 「……まあな」
 「……」

すいません
実地ネタですが……
posted by にのすけ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第52回「お祭り(普通の意味)」

 「お祭りの季節ねぇ」
 「そうだねぇ、着物の季節だねえ」
 「――まあそうだなお祭りはおいといて」
 「それだ!!」
 「なにがだ」
 「フラグ立てだよ!」
 「はあ……」
 「あんたはどうしてもそっち系の話に持っていきたがるのね」
 「今に解ったことじゃないさ」
 「とにかく行こう!」
  
  ――という訳でお祭り
 「来たねーお祭り」
 「お前にとってのお祭りはコミケとかサンクリだけじゃなかったのか」
 「失礼な。そんなこったないさ、そういう発想の持ち主はこのギャルゲ主人公かな?」
 「だれがだ」
 「それより何か言う事はないの?」
 「そうそう、それなりにがんばったというのに」
 「ええ、そうですよ」
 「ん、ああ。浴衣、似合ってるな」
 「つれない反応だね、こういう時が一番良いフラグが立つ時なのに」
 「いや、フラグとかじゃなくて……、まあ似合ってるからいいんじゃないか?」
 「それにしてもありえない状況だよね」
 「なにがだ?」
 「3人から囲まれるハーレムっていう絵、なかなかないよ、ギャルゲーでもここまでうまくフラグ立たせるの難しいのに」
 「それは2次g――」
 「――ストップだな、ここから先は」
 「……」
  
 「でも高くなったねー」
 「屋台もなかなか無いイベントなんだし、儲ける事ができるときいもうけとかなきゃ」
 「そうですね、屋台は臭いとかに釣られて衝動で買ってしまったりしますしね」
 「まあ、儲かるイベントなんだろ」
 「コミケもそうだよね、そうゆうイベントだからこそ買える品があるから儲かるんだろうね」
 「またそっちか」
 「でも、お好み焼きなんて5年前までは300円で買えたのに、今は500円ですよ」
 「そうだねえ、コミケの物価は今も昔もそんなに変わってないね」
 「まあそうだな、出す側はそれはそれで儲かるんだろうが、買う俺達のことも少しは考慮して欲しいというか……」
 「全てはこんな時だからこそ衝動買いしてしまう私たちがわるいんだろうけど」
 「そうだな、コミケで大量に初見買いしているやつにいわれたくないが」
 

 
射的にて

 「こういうのって絶対的に無理なんだよな、しかし解っていてもやってしまうという――」
 「まあ楽しむものだからね」
 「というかDSとかそういうのがあるけど絶対落ちないのよね」
 「当たったとしても下に落ちることは殆どないし」
 「落ちたとしてもしょうも無い商品ばかりだし」
 「まあこれは楽しむためだから、ゲーセンで金をつぎ込んでいるのと同じだよ」
 「……まあな」
 「……」

すいません
実地ネタですが……
posted by にのすけ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

キャラの紹介


一人称の本人、主人公?なのか?『水前寺 雄二』。yuuzi01.gif

・由来

 日本の苗字のリストがあり、多い順でランキングになっているサイトがあるのですが、その10ページ目あたりにあったものを拝借。その後『イリヤの空 UFOの夏』の登場人物とかぶっていることが判明。潔く反省。(変える気はなし)
 名前は『ゆうじ』というありきたりすぎる名前。悠二や勇次や祐二や祐次などたくさんあるが、あえて変換して一番最初に出てくる『雄二』を使用。

・基本設定

 典型的なオタク。
 中1で誕生日は12月30日。コミケとだぶる。
 血液型はA
 成績は下の中あたりを彷徨っている。
 家族構成は妹がいる。
 好きなものはお金。嫌いなものは複雑な事情、複雑な事件、複雑な関係、複雑な(ry

・性格

 素直じゃない。いまだにオタクを否定することがある。傍から見ればどう見てもオタクなのだが、陽菜と並んでいるとそれほどオタクには見えない。オタク度は陽菜には劣る。
 陽菜にはギャルゲーの主人公に仕立て上げられているが、本人は断固拒否。

 ひねくれた発想で相手を困らせようと必死に頑張るが、殆ど自虐へと繋がる。
 ボケというレッテルが貼られそうになったりするへまもたまにある。
 ある程度の常識があるため多少は突っ込むことができるが、結衣には劣る。最近は結衣との連携突っ込みも。
 そして話を持ち込むことはそれほど好きではない。

 『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョンと性格が酷似している。『キョン×オタク』をイメージ。
 

    ヒロインというより主人公『宇津木 陽菜』。hina02.gif

    ・由来

      日本の苗字のリストからこれまた水前寺と同様、20ページ目くらいから拝借。
      名前はというと『らきすた』のこなたからひなた⇒陽菜になったという説があるかもしれないが、友達に腐女子の日向(ひなた)という名前の人がいたので、それに決定。

    ・基本設定

     強力なオタク。
     中1で誕生日は4月11日。
     家族構成はなし。一人っ子
     雄二同様、下の中あたりを彷徨い中。それ系のアニメや漫画を見ると、いきなり上の中とかあがったりするがすぐに落ちる。
     好きなものはカスタードクリームパン。嫌いなものは一般メディアのオタクへのたたき。

    ・性格

     こちらは完全にオープンなオタク。 雄二同様ひねくれた発想で相手を口説こうと?する。
     話の趣旨を考えてないことが殆どで、最初に何の話で始まったか忘れることがある。
     非常識的な言動が目立ち、いわゆる『ボケ』のポディションにある。
     琴音をドジッ娘キャラへと誘導しようとしたり、結衣をツンデレに教育したり、雄二をギャルゲ主人公に仕立て上げようとする。

     他人ために努力することはあるので、あるいみヒーロー。しかしそれはオタクという肩書きで潰れる。さらに他人を仕立て上げるのが好きで、自分自身も上にあがろうとする。
     相手が何も言わなければ譲らないタイプだが、譲ってと言えばある程度従う。
     影響されやすく、スポーツ系のアニメを見ればスポーツを、文芸系のアニメを見れば文学をというように、なんでもよくこなす。
     そして話を持ち込むことが好きで、よくオタクネタを披露する。

     『らき☆すた』のこなたと性格が酷似していて、傍若無人さが『涼宮ハルヒの憂鬱』のハルヒに優っている。『こなた×ハルヒ/2』をイメージ。

    ・事例

    陽菜「今日は予想外に暑くてのどが渇いちゃってね」
    雄二「そうかい」
    陽菜「自販機でジュースでも買おうと財布を開けたら」
    雄二「ふむ」
    陽菜「なんと10円足りない」
    雄二「そりゃ残念」
    陽菜「いや、厳密に言えばあるんだよ」
    雄二「どういうことだ?」
    陽菜「千円札とか百円玉なら充分ある。でも10円玉は1枚のみ。あとは5円と1円だけ」
    雄二「それがどうした」
    陽菜「ジュースはだいたい120円で、自販機は5円玉使えないじゃん」
    雄二「そうだな」
    陽菜「たかが10円のために百円崩すのって、負けた気がしない?」
    雄二「……そうか?」
    陽菜「これはね、グッズを買うためのお金を無駄遣いするなという神のお告げだと思ったよ」
    雄二「ほう」
    陽菜「と、いうことで」
    雄二「うん」
    陽菜「さあ、ジュースをおごってもらおうか」
    雄二「何でそうなる」

    突っ込み・仕切り役。意外と精神もろい『海良 結衣』。yui01.gif

    ・由来

     苗字は最初、柊にしようと思っていたのだが「思いっきりパクりじゃないか?」と思い始めたため、何処からか降ってきた苗字にした。
     名前はタマゴクラブのネーミングのところから拝借。

    ・基本設定

     少しオタク。
     中1で誕生日は2月19日。
     家族構成は弟があり。
     陽菜や雄二とは違い、成績は上の下と微妙な位置をキープ。よく勉強を教えることがある。
     好きなものは甘いもの、純文学書(哲学系)。嫌いなものは無責任。

    ・性格

     最近はオタクに近づいて来ているが否定はしている。主にまとめ役、突っ込み役を担当しており、かなり突っ込みのレベルは上。
     ライトノベルが好きで好きな作品に関しては、深くのめりこむ特性がある。 
     陽菜と雄二を突っ込み、琴音のサポートなどもやっている。
     雄二に恋愛感情を抱いていると思われる発言もあったりするが、その実態は不明である。(ぉぃ

     ツンデレ特有の『慌てて否定する仕草』を楽しむため、陽菜にどやされる事はたびたびある。
     結衣にとっての『オタク』という概念は自分とかけ離れていると自分では思っており、オタクと自覚しない。

     典型的なツンデレである。

    ・事例

    結衣「今日は予想外に暑くてのどが渇いちゃってさ」
    雄二「そうかい」
    結衣「自販機でジュースでも買おうと財布を開けたら」
    雄二「ふむ」
    結衣「なんと10円足りなかったのよ」
    雄二「……デジャヴ?」
    結衣「これは無駄にカロリーを摂るなっていう戒めだと思ったわ」
    雄二「そういう考え方もあるか」
    結衣「そう、これは戒めなのよ」
    雄二「?」
    結衣「神のお告げよ……そうに違いない……だって私は乙女……」
    雄二「飲みたいんなら、おごるぞ?」
    結衣「……バカ!」
    雄二「!?」
    結衣「バカぁぁぁぁぁぁぁ」グスッ
    雄二「何で泣く」

    こういう物語には一人はいる"萌え"要素『松本 琴音』。kotone01.gif

    ・由来

     なんとなくツンデレを思わせるネーミングだなと思わせるのは私だけかもしれないが、一応ドジッ娘である。
     苗字はやはり例のリストから、名前は適当に(ぉぃ
     一番最初に思いついた名前である。

    ・基本設定

     超々微弱オタク。
     中1で誕生日は6月4日。
     家族構成は一人っ子である。
     陽菜や雄二とは違い、成績は上の上と、学年のトップを取っている。
     好きなものは紅茶や子供(しょたこんとかじゃなくて)。嫌いなものは矛盾、すっぱいもの、苦いもの。

    ・性格

     裏ではオタクである。――というのはうわさにすぎなくおそらく無いであろう。(おそらく
     オタク度にかんしては陽菜たちに吹き込まれたものを除くと皆無に近い。(だろう
     ライトノベルもたまに読んでいるようだが、オタクとは呼べないだろう。 
     何事も難なくこなすのだが、根本的なところでドジを犯すことがある。
     これまた雄二に恋愛感情を抱いていると思われる発言もあったりしたが、どじが上でのことである。(ぉぃぉぃ

     どいらかというと突っ込まれるほうが多いが、突っ込んだりまとめ役をやったりする。

    超典型的なドジっ子である。

    ・事例

    琴音「今日は思っていたより暑いですね」
    雄二「そうかい」
    琴音「……」
    雄二「……」
    琴音「……」
    雄二「……自販機でジュースを買ってみる、というのは?」
    琴音「あ、その発想はありませんでした」
    雄二「はあ……」
    琴音「あれ、でも、残念です。10円足りません……」
    雄二「言いだしっぺだし、良ければおごるけど」
    琴音「いえ、そんな……あ、それなら」
    雄二「なにか?」
    琴音「ひとつのジュースをふたりで分け合うというのは、いかがでしょう?」
    雄二「……(゜д゜;)」
    琴音「どうかなさいました?」
    雄二「い、いや(危なっかしいなこの人……)」



    どうも、今回はネタではなくキャラ紹介です。
    勝手に設定を変えたりしますが、気にいないで下さい。
    posted by にのすけ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    キャラの紹介


    一人称の本人、主人公?なのか?『水前寺 雄二』。yuuzi01.gif

    ・由来

     日本の苗字のリストがあり、多い順でランキングになっているサイトがあるのですが、その10ページ目あたりにあったものを拝借。その後『イリヤの空 UFOの夏』の登場人物とかぶっていることが判明。潔く反省。(変える気はなし)
     名前は『ゆうじ』というありきたりすぎる名前。悠二や勇次や祐二や祐次などたくさんあるが、あえて変換して一番最初に出てくる『雄二』を使用。

    ・基本設定

     典型的なオタク。
     中1で誕生日は12月30日。コミケとだぶる。
     血液型はA
     成績は下の中あたりを彷徨っている。
     家族構成は妹がいる。
     好きなものはお金。嫌いなものは複雑な事情、複雑な事件、複雑な関係、複雑な(ry

    ・性格

     素直じゃない。いまだにオタクを否定することがある。傍から見ればどう見てもオタクなのだが、陽菜と並んでいるとそれほどオタクには見えない。オタク度は陽菜には劣る。
     陽菜にはギャルゲーの主人公に仕立て上げられているが、本人は断固拒否。

     ひねくれた発想で相手を困らせようと必死に頑張るが、殆ど自虐へと繋がる。
     ボケというレッテルが貼られそうになったりするへまもたまにある。
     ある程度の常識があるため多少は突っ込むことができるが、結衣には劣る。最近は結衣との連携突っ込みも。
     そして話を持ち込むことはそれほど好きではない。

     『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョンと性格が酷似している。『キョン×オタク』をイメージ。
     

      ヒロインというより主人公『宇津木 陽菜』。hina02.gif

      ・由来

        日本の苗字のリストからこれまた水前寺と同様、20ページ目くらいから拝借。
        名前はというと『らきすた』のこなたからひなた⇒陽菜になったという説があるかもしれないが、友達に腐女子の日向(ひなた)という名前の人がいたので、それに決定。

      ・基本設定

       強力なオタク。
       中1で誕生日は4月11日。
       家族構成はなし。一人っ子
       雄二同様、下の中あたりを彷徨い中。それ系のアニメや漫画を見ると、いきなり上の中とかあがったりするがすぐに落ちる。
       好きなものはカスタードクリームパン。嫌いなものは一般メディアのオタクへのたたき。

      ・性格

       こちらは完全にオープンなオタク。 雄二同様ひねくれた発想で相手を口説こうと?する。
       話の趣旨を考えてないことが殆どで、最初に何の話で始まったか忘れることがある。
       非常識的な言動が目立ち、いわゆる『ボケ』のポディションにある。
       琴音をドジッ娘キャラへと誘導しようとしたり、結衣をツンデレに教育したり、雄二をギャルゲ主人公に仕立て上げようとする。

       他人ために努力することはあるので、あるいみヒーロー。しかしそれはオタクという肩書きで潰れる。さらに他人を仕立て上げるのが好きで、自分自身も上にあがろうとする。
       相手が何も言わなければ譲らないタイプだが、譲ってと言えばある程度従う。
       影響されやすく、スポーツ系のアニメを見ればスポーツを、文芸系のアニメを見れば文学をというように、なんでもよくこなす。
       そして話を持ち込むことが好きで、よくオタクネタを披露する。

       『らき☆すた』のこなたと性格が酷似していて、傍若無人さが『涼宮ハルヒの憂鬱』のハルヒに優っている。『こなた×ハルヒ/2』をイメージ。

      ・事例

      陽菜「今日は予想外に暑くてのどが渇いちゃってね」
      雄二「そうかい」
      陽菜「自販機でジュースでも買おうと財布を開けたら」
      雄二「ふむ」
      陽菜「なんと10円足りない」
      雄二「そりゃ残念」
      陽菜「いや、厳密に言えばあるんだよ」
      雄二「どういうことだ?」
      陽菜「千円札とか百円玉なら充分ある。でも10円玉は1枚のみ。あとは5円と1円だけ」
      雄二「それがどうした」
      陽菜「ジュースはだいたい120円で、自販機は5円玉使えないじゃん」
      雄二「そうだな」
      陽菜「たかが10円のために百円崩すのって、負けた気がしない?」
      雄二「……そうか?」
      陽菜「これはね、グッズを買うためのお金を無駄遣いするなという神のお告げだと思ったよ」
      雄二「ほう」
      陽菜「と、いうことで」
      雄二「うん」
      陽菜「さあ、ジュースをおごってもらおうか」
      雄二「何でそうなる」

      突っ込み・仕切り役。意外と精神もろい『海良 結衣』。yui01.gif

      ・由来

       苗字は最初、柊にしようと思っていたのだが「思いっきりパクりじゃないか?」と思い始めたため、何処からか降ってきた苗字にした。
       名前はタマゴクラブのネーミングのところから拝借。

      ・基本設定

       少しオタク。
       中1で誕生日は2月19日。
       家族構成は弟があり。
       陽菜や雄二とは違い、成績は上の下と微妙な位置をキープ。よく勉強を教えることがある。
       好きなものは甘いもの、純文学書(哲学系)。嫌いなものは無責任。

      ・性格

       最近はオタクに近づいて来ているが否定はしている。主にまとめ役、突っ込み役を担当しており、かなり突っ込みのレベルは上。
       ライトノベルが好きで好きな作品に関しては、深くのめりこむ特性がある。 
       陽菜と雄二を突っ込み、琴音のサポートなどもやっている。
       雄二に恋愛感情を抱いていると思われる発言もあったりするが、その実態は不明である。(ぉぃ

       ツンデレ特有の『慌てて否定する仕草』を楽しむため、陽菜にどやされる事はたびたびある。
       結衣にとっての『オタク』という概念は自分とかけ離れていると自分では思っており、オタクと自覚しない。

       典型的なツンデレである。

      ・事例

      結衣「今日は予想外に暑くてのどが渇いちゃってさ」
      雄二「そうかい」
      結衣「自販機でジュースでも買おうと財布を開けたら」
      雄二「ふむ」
      結衣「なんと10円足りなかったのよ」
      雄二「……デジャヴ?」
      結衣「これは無駄にカロリーを摂るなっていう戒めだと思ったわ」
      雄二「そういう考え方もあるか」
      結衣「そう、これは戒めなのよ」
      雄二「?」
      結衣「神のお告げよ……そうに違いない……だって私は乙女……」
      雄二「飲みたいんなら、おごるぞ?」
      結衣「……バカ!」
      雄二「!?」
      結衣「バカぁぁぁぁぁぁぁ」グスッ
      雄二「何で泣く」

      こういう物語には一人はいる"萌え"要素『松本 琴音』。kotone01.gif

      ・由来

       なんとなくツンデレを思わせるネーミングだなと思わせるのは私だけかもしれないが、一応ドジッ娘である。
       苗字はやはり例のリストから、名前は適当に(ぉぃ
       一番最初に思いついた名前である。

      ・基本設定

       超々微弱オタク。
       中1で誕生日は6月4日。
       家族構成は一人っ子である。
       陽菜や雄二とは違い、成績は上の上と、学年のトップを取っている。
       好きなものは紅茶や子供(しょたこんとかじゃなくて)。嫌いなものは矛盾、すっぱいもの、苦いもの。

      ・性格

       裏ではオタクである。――というのはうわさにすぎなくおそらく無いであろう。(おそらく
       オタク度にかんしては陽菜たちに吹き込まれたものを除くと皆無に近い。(だろう
       ライトノベルもたまに読んでいるようだが、オタクとは呼べないだろう。 
       何事も難なくこなすのだが、根本的なところでドジを犯すことがある。
       これまた雄二に恋愛感情を抱いていると思われる発言もあったりしたが、どじが上でのことである。(ぉぃぉぃ

       どいらかというと突っ込まれるほうが多いが、突っ込んだりまとめ役をやったりする。

      超典型的なドジっ子である。

      ・事例

      琴音「今日は思っていたより暑いですね」
      雄二「そうかい」
      琴音「……」
      雄二「……」
      琴音「……」
      雄二「……自販機でジュースを買ってみる、というのは?」
      琴音「あ、その発想はありませんでした」
      雄二「はあ……」
      琴音「あれ、でも、残念です。10円足りません……」
      雄二「言いだしっぺだし、良ければおごるけど」
      琴音「いえ、そんな……あ、それなら」
      雄二「なにか?」
      琴音「ひとつのジュースをふたりで分け合うというのは、いかがでしょう?」
      雄二「……(゜д゜;)」
      琴音「どうかなさいました?」
      雄二「い、いや(危なっかしいなこの人……)」



      どうも、今回はネタではなくキャラ紹介です。
      勝手に設定を変えたりしますが、気にいないで下さい。
      posted by にのすけ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      第51回「懐アニソン?」

       「昨日、ばりばりのゴールデン番組にギャルゲのゲーソンで踊ってたんだよね、わりとマイナーな」
       「そういややってたな。結構さまになっていたけど、あっちの芸能人は突っ込みを自重しているように見えたよ」
       「それをしってるなんてかなり奥深いオタクだね」
       「それは否定しておくが、最近は突っ込みたくても突っ込めないシチュエーションが多いよな」
       「そうだよね、さすがに授業中とかに先生がそっち系のネタ話し出したときにはきまずいよ」
       「先生が……。それは先生もわかっていてやっているんだろうな、つっこみがいれにくいことを」
       「まさにオタク教養時代だね!」
       「それは――そうかもなぁ」
        
       「アニソンといえばさあ、オタクと一般人で見解が分かれるんだよね」
       「そりゃそうだろ。根からちがうとおもうぞ、リスナーがまったくちがうんだから」
       「いやいや、そういう意味じゃなくてね、純粋な意味で」
       「オタクに純粋かどうかなんて無いと思うが」
       「いいから突っ込まないで聞きなさい」
       「はあ」
       「一般人にアニソンについてどう思う?って聞くとどれも同じように聞こえるからあまり好きじゃないって返ってくるんだけど」
       「ほう」
       「オタクに聞くと個性があふれていて、そのキャラ独自の個性が見えてくる――と」
       「……いや、わからんくもないんだが」
       「やっぱりオタクと一般人は違うんだね」
       「というか何かと一般人の思うことに対して叩きたくなるだけじゃないか?」
       「それもあるかもしれないけど、表面上はどれもこれも同じように聞こえるのは確かなんだよね」
       「お前の場合は正反対の答えがかえってくるんだろうがな」
       「そのとうり、でも一概にはいえないね」
       「というと」
       「たとえば昔のアニメはタイトルを連呼したりするものがアニソンと――」
       「メタか」
      posted by にのすけ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      第51回「懐アニソン?」

       「昨日、ばりばりのゴールデン番組にギャルゲのゲーソンで踊ってたんだよね、わりとマイナーな」
       「そういややってたな。結構さまになっていたけど、あっちの芸能人は突っ込みを自重しているように見えたよ」
       「それをしってるなんてかなり奥深いオタクだね」
       「それは否定しておくが、最近は突っ込みたくても突っ込めないシチュエーションが多いよな」
       「そうだよね、さすがに授業中とかに先生がそっち系のネタ話し出したときにはきまずいよ」
       「先生が……。それは先生もわかっていてやっているんだろうな、つっこみがいれにくいことを」
       「まさにオタク教養時代だね!」
       「それは――そうかもなぁ」
        
       「アニソンといえばさあ、オタクと一般人で見解が分かれるんだよね」
       「そりゃそうだろ。根からちがうとおもうぞ、リスナーがまったくちがうんだから」
       「いやいや、そういう意味じゃなくてね、純粋な意味で」
       「オタクに純粋かどうかなんて無いと思うが」
       「いいから突っ込まないで聞きなさい」
       「はあ」
       「一般人にアニソンについてどう思う?って聞くとどれも同じように聞こえるからあまり好きじゃないって返ってくるんだけど」
       「ほう」
       「オタクに聞くと個性があふれていて、そのキャラ独自の個性が見えてくる――と」
       「……いや、わからんくもないんだが」
       「やっぱりオタクと一般人は違うんだね」
       「というか何かと一般人の思うことに対して叩きたくなるだけじゃないか?」
       「それもあるかもしれないけど、表面上はどれもこれも同じように聞こえるのは確かなんだよね」
       「お前の場合は正反対の答えがかえってくるんだろうがな」
       「そのとうり、でも一概にはいえないね」
       「というと」
       「たとえば昔のアニメはタイトルを連呼したりするものがアニソンと――」
       「メタか」
      posted by にのすけ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      2007年10月11日

      第50回「いろいろとコンパクト化」

       「そういえばなんでロリコンとか貧乳とかそういうニーズがあるんだろ」
       「なんでだろうね?という訳で前の席の人」
       「さあ、なんでだろうな」
       「ところで前の席の人はそういう属性あるの?」
       「あるあr――ねーよ」
       「あるみたいね、どこがいいのかしら」
       「……さあ、どうなんだろうな?全が全そういう訳じゃないんじゃないか?」

       「流行ってるからその波に押されてっていうやつ?」

       「それは流行っちゃいけないだろ」
       「もしかしたらあれじゃない?日本人は小さいのがすきなんじゃないの?」
       「は?」
       「あれだよ、扇子とか携帯とか日本人はコンパクトなものが好きっていうじゃん」
       「ああ、なるほど。ていうかそれって利益なくない?」
       「――たしかに、コンパクトになったからと言って持ち運びやすいとかないしな」
       「じゃああれかな、ジャンキーとかで普通のに飽きたとか?」
       「飽きたってなににだよ」
       「んー、いろいろと?」
       
       「ロリコンと言えば実妹には萌えないとはよく言われるよな」
       「まあギャルゲとかそこらではフラグが経ちやすいからね」
       「というか義妹でも同じじゃないか?」
       「まあ最初からいればそうだけど、その前にアクションとかOPフラグ成立するのから始まるんじゃない?」
       「……そうか」
       「最近はそうゆうネタにもついていけるようになったね!」
       「知らない」
       「まったく解りません」
       「それが普通、尋常だから」

      学校のオタクって……

       

      posted by にのすけ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      第50回「いろいろとコンパクト化」

       「そういえばなんでロリコンとか貧乳とかそういうニーズがあるんだろ」
       「なんでだろうね?という訳で前の席の人」
       「さあ、なんでだろうな」
       「ところで前の席の人はそういう属性あるの?」
       「あるあr――ねーよ」
       「あるみたいね、どこがいいのかしら」
       「……さあ、どうなんだろうな?全が全そういう訳じゃないんじゃないか?」

       「流行ってるからその波に押されてっていうやつ?」

       「それは流行っちゃいけないだろ」
       「もしかしたらあれじゃない?日本人は小さいのがすきなんじゃないの?」
       「は?」
       「あれだよ、扇子とか携帯とか日本人はコンパクトなものが好きっていうじゃん」
       「ああ、なるほど。ていうかそれって利益なくない?」
       「――たしかに、コンパクトになったからと言って持ち運びやすいとかないしな」
       「じゃああれかな、ジャンキーとかで普通のに飽きたとか?」
       「飽きたってなににだよ」
       「んー、いろいろと?」
       
       「ロリコンと言えば実妹には萌えないとはよく言われるよな」
       「まあギャルゲとかそこらではフラグが経ちやすいからね」
       「というか義妹でも同じじゃないか?」
       「まあ最初からいればそうだけど、その前にアクションとかOPフラグ成立するのから始まるんじゃない?」
       「……そうか」
       「最近はそうゆうネタにもついていけるようになったね!」
       「知らない」
       「まったく解りません」
       「それが普通、尋常だから」

      学校のオタクって……

       

      posted by にのすけ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      2007年10月09日

      第49回「類は友を呼び、侵食する」

       「んー、サッカーはじめてみようかな」
       「……」
       「おーい」
       「なにに影響されたんだ」
       「まあそういうものだよ、オタクっていうのは」
       「いや、解るg――解らんがなんでまた」
       「いやぁ、解るでしょ、オタクは周囲環境想予断適応能力があるからね」
       「……なんじゃそりゃ」
       「あれだよあれ、かっこいいとか思ったこととか周囲のメディアに影響されてこうしたらもてるなぁとか思っちゃってそうゆうことをやっちゃうっていう」
       「あれか、お前がバンドやったのも同じか」
       「そうそう。でも無益な事する人もいるよ」
       「なにをだ?」
       「太鼓の達人のオニで難しい曲をフルコンボでこなすとか」
       「徒労というか……無駄だな、お前もそんなことやってるのか?」
       「やってるよ」
       「……そうか」
       「でもさ」
       
       「ん?」
       「前の席の人も同類だよ」
       「え?」
       「ギターを始めた理由を欺くことなんて簡単だよ」
       「あ、いや、その、それはぁなんというか」
       「やっぱりね」
       「謀りやがったか」
       「類友だね!」
       「……」


      サンクリは……
      いや、いいです。

      コミケは――あれですね、あれ。今度友達のサークルの手伝いをする代わりにサークル入場が出来なくなっちゃいました……

      いや、わからなければ無理に解ろうとするのは良くないのです。
      posted by にのすけ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      第49回「類は友を呼び、侵食する」

       「んー、サッカーはじめてみようかな」
       「……」
       「おーい」
       「なにに影響されたんだ」
       「まあそういうものだよ、オタクっていうのは」
       「いや、解るg――解らんがなんでまた」
       「いやぁ、解るでしょ、オタクは周囲環境想予断適応能力があるからね」
       「……なんじゃそりゃ」
       「あれだよあれ、かっこいいとか思ったこととか周囲のメディアに影響されてこうしたらもてるなぁとか思っちゃってそうゆうことをやっちゃうっていう」
       「あれか、お前がバンドやったのも同じか」
       「そうそう。でも無益な事する人もいるよ」
       「なにをだ?」
       「太鼓の達人のオニで難しい曲をフルコンボでこなすとか」
       「徒労というか……無駄だな、お前もそんなことやってるのか?」
       「やってるよ」
       「……そうか」
       「でもさ」
       
       「ん?」
       「前の席の人も同類だよ」
       「え?」
       「ギターを始めた理由を欺くことなんて簡単だよ」
       「あ、いや、その、それはぁなんというか」
       「やっぱりね」
       「謀りやがったか」
       「類友だね!」
       「……」


      サンクリは……
      いや、いいです。

      コミケは――あれですね、あれ。今度友達のサークルの手伝いをする代わりにサークル入場が出来なくなっちゃいました……

      いや、わからなければ無理に解ろうとするのは良くないのです。
      posted by にのすけ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      2007年10月07日

      第48回「痛い自転車」

       「なあ、お前の自転車、痛車だよな」
       「よく知ってるね、正確には痛チャリっていうんだけど」
       「ああ、そうか。−−じゃなくてなんでそんなことするんだ?オタクの気が知れん」
       「あー、何でだろうね。オタクのやることは奇怪なことばっかりだからね」
       「まあ、お前のやることもさっぱりわからねえしな」
        
        
      ただいま某有名別荘地へ逃避行中
      また旅行先より更新です。

      それではーー
      posted by にのすけ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      第48回「痛い自転車」

       「なあ、お前の自転車、痛車だよな」
       「よく知ってるね、正確には痛チャリっていうんだけど」
       「ああ、そうか。−−じゃなくてなんでそんなことするんだ?オタクの気が知れん」
       「あー、何でだろうね。オタクのやることは奇怪なことばっかりだからね」
       「まあ、お前のやることもさっぱりわからねえしな」
        
        
      ただいま某有名別荘地へ逃避行中
      また旅行先より更新です。

      それではーー
      posted by にのすけ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      2007年10月06日

      第47回「杜撰な人間」

       「苦手なんだよな、これ」びりびり
       「ん?ああ、クーポンを切り取るのね」
       「――」
       「そういっているわりには切りかた様になってるよ」
       「クーポンの切りかたに様とかなんやたあるのかよ」
       「甘いなあ、私は100発100中だよ。懸賞のはがきとか失敗したら当たるとか当たらないとか関係なしにだめになっちゃうじゃん」
       「……そっちか。というかそのために練習しているのかよ」
       「そのとおり!」
       「……いや、解ってたけど、なんか……」
        
       「それにしても意外ですね」
       「なにが?」
       「クーポンとか律儀に取っておいて使っていることです」
       「あ――なんででしょう、たとえ30円でもクーポンだとものすごく得したきになるんですよね」
       「なんとなくわからないでもないですけど」
       「そんなに杜撰な人間に見えました?」
       「いえいえ、そんなことは――」
       「……」

      どうも、また中編くらいの作ってみようかなと。
      舞台はコミケ72です。

      一応単発ネタでもやったのですが、
      あれはいくらなんでも……
      と言う感じだったので、オタクの年に2回限りの祭典ということでつくってみようかなぁと
      ところでサークル名なんかは伏字にしなくてもいいのでしょうか……
      と疑問に思ってみたり
      posted by にのすけ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      第47回「杜撰な人間」

       「苦手なんだよな、これ」びりびり
       「ん?ああ、クーポンを切り取るのね」
       「――」
       「そういっているわりには切りかた様になってるよ」
       「クーポンの切りかたに様とかなんやたあるのかよ」
       「甘いなあ、私は100発100中だよ。懸賞のはがきとか失敗したら当たるとか当たらないとか関係なしにだめになっちゃうじゃん」
       「……そっちか。というかそのために練習しているのかよ」
       「そのとおり!」
       「……いや、解ってたけど、なんか……」
        
       「それにしても意外ですね」
       「なにが?」
       「クーポンとか律儀に取っておいて使っていることです」
       「あ――なんででしょう、たとえ30円でもクーポンだとものすごく得したきになるんですよね」
       「なんとなくわからないでもないですけど」
       「そんなに杜撰な人間に見えました?」
       「いえいえ、そんなことは――」
       「……」

      どうも、また中編くらいの作ってみようかなと。
      舞台はコミケ72です。

      一応単発ネタでもやったのですが、
      あれはいくらなんでも……
      と言う感じだったので、オタクの年に2回限りの祭典ということでつくってみようかなぁと
      ところでサークル名なんかは伏字にしなくてもいいのでしょうか……
      と疑問に思ってみたり
      posted by にのすけ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      2007年10月04日

      第46回「著作的問題」

       「最近は儚い世の中になったよ……」
       「今度はなにがあったのよ」
       「やっぱりアニメっていうのはパクリがあってしょうがないものなのに……」
       「はなしがぜんぜん読めないんですけど」
       「いいのいいの、気にしなくて」
       「……そういわれると余計に気になるのは世の心理ってものじゃないかしら?」
       「しょうがないなあ、結衣は。好きなアニメが訴えられて潰れちゃったんだよ、日本はパクリ文化だっていうのになんでだろうね……」
       「『しょうがないなあ』って、あんた聞いてほしいって言う顔してたじゃない!それにそれ言ったら私たちも――」
       「危険な発言は慎むように、ね?」
      どうも、にのにのです。
      ユメのオワリ様より無理を言って作って頂きました。
      ありがとうございます<(_ _*)>

      最近は初音ミクのご主人様が増えていますね、
      これを期にDTMにも目覚めてくれればwktkです。

      あと、かなりずさんな更新の仕方(特にこの2週間)をしてきましたことをお詫びします。
      テスト期間中だったもので……

      それではこれからもオタ男オタ女をよろしくお願いします
      posted by にのすけ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      第46回「著作的問題」

       「最近は儚い世の中になったよ……」
       「今度はなにがあったのよ」
       「やっぱりアニメっていうのはパクリがあってしょうがないものなのに……」
       「はなしがぜんぜん読めないんですけど」
       「いいのいいの、気にしなくて」
       「……そういわれると余計に気になるのは世の心理ってものじゃないかしら?」
       「しょうがないなあ、結衣は。好きなアニメが訴えられて潰れちゃったんだよ、日本はパクリ文化だっていうのになんでだろうね……」
       「『しょうがないなあ』って、あんた聞いてほしいって言う顔してたじゃない!それにそれ言ったら私たちも――」
       「危険な発言は慎むように、ね?」
      どうも、にのにのです。
      ユメのオワリ様より無理を言って作って頂きました。
      ありがとうございます<(_ _*)>

      最近は初音ミクのご主人様が増えていますね、
      これを期にDTMにも目覚めてくれればwktkです。

      あと、かなりずさんな更新の仕方(特にこの2週間)をしてきましたことをお詫びします。
      テスト期間中だったもので……

      それではこれからもオタ男オタ女をよろしくお願いします
      posted by にのすけ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      2007年10月02日

      DTMやらギターやらアニソンやら初音ミクやら.

      どうも、にのにのです。
      今回は初めての趣味レポジャンルを使うことに。

      とりあえず沢山ある趣味のなかからギターやDTMについて、、、


      とりあえずマイギターを

      k.jpg
      はい、突っ込みどうも。逆転裁判&ハルヒのやつですね、

      ちなみに機材は(深いネタ

      ギター/Aria Legend ST2000(Fnder(高いメーカー)と表記とされていますが実は偽ステッカーorz
      エフェクタ/ZooM ECL G7.1ut Ver1.121(高いもの使っていてすいません……
      シールド/不明(おい!
      アンプ/マーシャルの型番不明(それほど古い



      さて、
      『孤島症候群後編』のDVDからキャプって印刷し
      日曜大工センターに行ってカティングシートとか必要な道具買い揃えて作りました。
      これは4つ目の作品でして最初はちゅるやさん次にチビハルヒ、チビこなたなど作って貼っていました。
      ちなみに作り方のページ、リンクしておきます。http://www31.ocn.ne.jp/~yoshio2/cuttingsheet-1.html

      夏コミのときにちゅるやさんとチビハルヒが200円で売っていてショックを受けたりもしました。(ぇ


      あと学校でヲタバンドも組んでいて、私はファーストギターをやっています。
      もしライブとかやるようになったら真っ先にここに報告しますので、やることがあったらきてやってください……


      んで、あとはなんとなく撮っていた音源


      God Knows...です。
      8月あたりに撮ったやつだったと……。
      一発撮りだったため最後のサビがorz


      God Knows...(0.3?倍速Ver)です。
      これも8月あたりに撮ったやつだったと思います。
      ……かなり無理やりでほとんど間違えています...rz
      一発撮りだったため――と言い訳したいのですが、テイク2だったと思います……_rz


      First Good-byeです。
      バンドでこの曲はやっていないのですが、少し耳コピしてほんと即席に弾いてみました。
      割と形になっていて驚きなのですが、これまたテイク5とか……。
      たしか9月に入ってから撮ったやつだと思います。



      Canon Rockっす。
      聞く前に言い訳を聞いてください。
      ・Canon自体難しいんです。(断言;;
      ・5月に撮りました。
      ・パソコンとのつなぎ方が解らなかったため直で
      以上です。
      というか最後のほう、うろ覚えですから


      こんなもんですかね、ハードディスクのあちこちに置いてあるため発掘すうるのが大変でした……。
      見つけたらまたうpします。


      そして初音ミクについて。
      最近話題になっているこのソフト、ニコ動で毎日見てます。
      友であるH氏に話したところ持っているっとのこと。借りることに成功したためさっそくいじってみることに


      ・wawawa忘れ物〜、俺の忘れ物〜♪


      ・さすがはゴットゥーザ様だ!




      友達に聞かせたら『そんなこと喋らせちゃイケマセン!!』
      と言われました。

      インターフェイスは普通のDTMソフトといたって変わらず経験者の私は楽勝だと思っていたのですが
      これがまた難しいんです。
      普通に喋らせるのにもピッチとか調節しなくてはならなく自分で声に出してから打ち込むというアヤシげな人でやっていました。
      やっぱりすごいですね、今度は1号のMEIKOを買ってみようかな〜と思ったり。


      さすがに歌となるとMIDIから起こさなくてはならなく結構大変です。
      ただいま津軽海峡冬景色を歌わせようとMIDIから起こしていますが。
      厚みがない……長門が歌っているみたいになりました……。
      やはり力の1号しかありませんね!(おい

      ちなみに個人的にお勧めなのはこれ


      初音ミクに『GO MY WAY!』歌わせてみた

      ごまえ〜 れるぅ〜 ごまえ〜♪ ごまえーごまえー!です。
      いいですねよね、こういうジャンルが一番向いてそうです。

      というかニコ動にニコサウンドなんてあったのか!!!(おい!!
      あと勝手にトラバ貼らせていただきました。すいません
      というわけで、これにて終了!!

      DTMやらギターやらアニソンやら初音ミクやら.

      どうも、にのにのです。
      今回は初めての趣味レポジャンルを使うことに。

      とりあえず沢山ある趣味のなかからギターやDTMについて、、、


      とりあえずマイギターを

      k.jpg
      はい、突っ込みどうも。逆転裁判&ハルヒのやつですね、

      ちなみに機材は(深いネタ

      ギター/Aria Legend ST2000(Fnder(高いメーカー)と表記とされていますが実は偽ステッカーorz
      エフェクタ/ZooM ECL G7.1ut Ver1.121(高いもの使っていてすいません……
      シールド/不明(おい!
      アンプ/マーシャルの型番不明(それほど古い



      さて、
      『孤島症候群後編』のDVDからキャプって印刷し
      日曜大工センターに行ってカティングシートとか必要な道具買い揃えて作りました。
      これは4つ目の作品でして最初はちゅるやさん次にチビハルヒ、チビこなたなど作って貼っていました。
      ちなみに作り方のページ、リンクしておきます。http://www31.ocn.ne.jp/~yoshio2/cuttingsheet-1.html

      夏コミのときにちゅるやさんとチビハルヒが200円で売っていてショックを受けたりもしました。(ぇ


      あと学校でヲタバンドも組んでいて、私はファーストギターをやっています。
      もしライブとかやるようになったら真っ先にここに報告しますので、やることがあったらきてやってください……


      んで、あとはなんとなく撮っていた音源


      God Knows...です。
      8月あたりに撮ったやつだったと……。
      一発撮りだったため最後のサビがorz


      God Knows...(0.3?倍速Ver)です。
      これも8月あたりに撮ったやつだったと思います。
      ……かなり無理やりでほとんど間違えています...rz
      一発撮りだったため――と言い訳したいのですが、テイク2だったと思います……_rz


      First Good-byeです。
      バンドでこの曲はやっていないのですが、少し耳コピしてほんと即席に弾いてみました。
      割と形になっていて驚きなのですが、これまたテイク5とか……。
      たしか9月に入ってから撮ったやつだと思います。



      Canon Rockっす。
      聞く前に言い訳を聞いてください。
      ・Canon自体難しいんです。(断言;;
      ・5月に撮りました。
      ・パソコンとのつなぎ方が解らなかったため直で
      以上です。
      というか最後のほう、うろ覚えですから


      こんなもんですかね、ハードディスクのあちこちに置いてあるため発掘すうるのが大変でした……。
      見つけたらまたうpします。


      そして初音ミクについて。
      最近話題になっているこのソフト、ニコ動で毎日見てます。
      友であるH氏に話したところ持っているっとのこと。借りることに成功したためさっそくいじってみることに


      ・wawawa忘れ物〜、俺の忘れ物〜♪


      ・さすがはゴットゥーザ様だ!




      友達に聞かせたら『そんなこと喋らせちゃイケマセン!!』
      と言われました。

      インターフェイスは普通のDTMソフトといたって変わらず経験者の私は楽勝だと思っていたのですが
      これがまた難しいんです。
      普通に喋らせるのにもピッチとか調節しなくてはならなく自分で声に出してから打ち込むというアヤシげな人でやっていました。
      やっぱりすごいですね、今度は1号のMEIKOを買ってみようかな〜と思ったり。


      さすがに歌となるとMIDIから起こさなくてはならなく結構大変です。
      ただいま津軽海峡冬景色を歌わせようとMIDIから起こしていますが。
      厚みがない……長門が歌っているみたいになりました……。
      やはり力の1号しかありませんね!(おい

      ちなみに個人的にお勧めなのはこれ


      初音ミクに『GO MY WAY!』歌わせてみた

      ごまえ〜 れるぅ〜 ごまえ〜♪ ごまえーごまえー!です。
      いいですねよね、こういうジャンルが一番向いてそうです。

      というかニコ動にニコサウンドなんてあったのか!!!(おい!!
      あと勝手にトラバ貼らせていただきました。すいません
      というわけで、これにて終了!!
      ラベル:初音ミク
      リンク集

      広告


      この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

      以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

      ・記事の投稿、編集をおこなう
      ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


      ×

      この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。