2008年08月04日

第111回「オフィシャルとオリジナル」

 〜ゲーセンにて
 「わたしはね、コンシューマ版は練習用でアーケード版は本番用だと信じてるよ」
 「根拠も無しに信じてると言われてもだなぁ……」
 「大会とかどちらかというと家庭版の方がおおかったりするけどさ、そのせいでレベルがピンきりなんだよ」
 「ああ、なんとなくオフィシャルとオリジナルの差っていうもんがあるな」
 「おー、わかるねー。でもアーケード版とちょっと操作性が違ったりすることもあるんだよね。あれも結構厄介だよ」
 「そうなのか?っていうかお前はほんとレベルが高いな」
 「そうかな、レースゲームとかでは操作性がちがったりするから、出費が激しいんだよね」
 「俺は使ってもせいぜい千円くらいだがな」
posted by にのすけ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第111回「オフィシャルとオリジナル」

 〜ゲーセンにて
 「わたしはね、コンシューマ版は練習用でアーケード版は本番用だと信じてるよ」
 「根拠も無しに信じてると言われてもだなぁ……」
 「大会とかどちらかというと家庭版の方がおおかったりするけどさ、そのせいでレベルがピンきりなんだよ」
 「ああ、なんとなくオフィシャルとオリジナルの差っていうもんがあるな」
 「おー、わかるねー。でもアーケード版とちょっと操作性が違ったりすることもあるんだよね。あれも結構厄介だよ」
 「そうなのか?っていうかお前はほんとレベルが高いな」
 「そうかな、レースゲームとかでは操作性がちがったりするから、出費が激しいんだよね」
 「俺は使ってもせいぜい千円くらいだがな」
posted by にのすけ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(6) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

リトルバスターズ!エクスタシーのTAB作ってみた

TAB作りました
リトルバスターズ!エクスタシーです。

リトバスEX_TAB.zip

番宣かねているのでご勘弁を

なかなか作る人がいないので見るに見かねて作りました
隔離スレなどで主に公開してたりします。

最後の方はやけくそになってやっていたのでリズムが狂いまくりですが
『あー、これがいいたいわけだな』とか察してやってください

2次配布に関しては許可しますが、リンク元やらを書いたり、この記事にリンクしてください

間違いに関してはコメント欄にて受け付けます

次回は冬もマシンガンのソロのみか、リトバス関連でアリスマジックを予定しています。
リクエストもできる範囲でお答えしたいのでブログのコメントの方に書き込んでください。

弾き方に関してのアドバイスですが、最後のソロは見かけによらず難しくないです。エコノミーピッキングを意識してやれば意外に簡単にできます。

模範演奏は環境の問題などにより無理でした。
音源だけであればこんどうpするかもしれません。

それではブログのほうもよろしくお願いします。

エクスタシー歌詞

ひとりが辛いからふたつの手をつないだ
ふたりじゃ寂しいから輪になって手をつないだ
きっとそれが幾千の力にもなりどんな夢も断てる気がするんだ

高く飛べ高く空へ
高く蹴れ高く声を上げ
いつか挫けたその日の向こうまで
きみの声忘れない涙も忘れない
これから始まる希望という名の未来を

その足は歩き出す やがて来る過酷も

みんなで作った輪は大きくなりすぎて
時には君がどこにいるのかもわからなくなって
そっと誰かがくれた優しい言葉が君のものだと教えてくれたんだ

腕をかき風を切れ
前を向き涙が滲むほどに真っ直ぐこの空を駆け抜けろ
きみもひとり 僕もひとり
みんなが孤独でいるんだ この輪の中でもう気づかないうちに
その足は震えだす 小さな過酷にも

僕ら皆同じ夢を見てた
過ぎ去る1ページの
ここからは一冊しか持っていけないよ
それでよかったのかい?

胸には強さを
気高き強さを
頬には涙を
一滴の涙を

高く飛べ高く空へ
高く蹴れ高く声を上げ
いつか挫けたその日の向こうまで
きみの声忘れない涙も忘れない
これから始まる希望という名の未来を

その足は歩き出す やがて来る過酷も
乗り越えてくれるよ 信じさせてくれるよ

リトルバスターズ!エクスタシーのTAB作ってみた

TAB作りました
リトルバスターズ!エクスタシーです。

リトバスEX_TAB.zip

番宣かねているのでご勘弁を

なかなか作る人がいないので見るに見かねて作りました
隔離スレなどで主に公開してたりします。

最後の方はやけくそになってやっていたのでリズムが狂いまくりですが
『あー、これがいいたいわけだな』とか察してやってください

2次配布に関しては許可しますが、リンク元やらを書いたり、この記事にリンクしてください

間違いに関してはコメント欄にて受け付けます

次回は冬もマシンガンのソロのみか、リトバス関連でアリスマジックを予定しています。
リクエストもできる範囲でお答えしたいのでブログのコメントの方に書き込んでください。

弾き方に関してのアドバイスですが、最後のソロは見かけによらず難しくないです。エコノミーピッキングを意識してやれば意外に簡単にできます。

模範演奏は環境の問題などにより無理でした。
音源だけであればこんどうpするかもしれません。

それではブログのほうもよろしくお願いします。

エクスタシー歌詞

ひとりが辛いからふたつの手をつないだ
ふたりじゃ寂しいから輪になって手をつないだ
きっとそれが幾千の力にもなりどんな夢も断てる気がするんだ

高く飛べ高く空へ
高く蹴れ高く声を上げ
いつか挫けたその日の向こうまで
きみの声忘れない涙も忘れない
これから始まる希望という名の未来を

その足は歩き出す やがて来る過酷も

みんなで作った輪は大きくなりすぎて
時には君がどこにいるのかもわからなくなって
そっと誰かがくれた優しい言葉が君のものだと教えてくれたんだ

腕をかき風を切れ
前を向き涙が滲むほどに真っ直ぐこの空を駆け抜けろ
きみもひとり 僕もひとり
みんなが孤独でいるんだ この輪の中でもう気づかないうちに
その足は震えだす 小さな過酷にも

僕ら皆同じ夢を見てた
過ぎ去る1ページの
ここからは一冊しか持っていけないよ
それでよかったのかい?

胸には強さを
気高き強さを
頬には涙を
一滴の涙を

高く飛べ高く空へ
高く蹴れ高く声を上げ
いつか挫けたその日の向こうまで
きみの声忘れない涙も忘れない
これから始まる希望という名の未来を

その足は歩き出す やがて来る過酷も
乗り越えてくれるよ 信じさせてくれるよ

2008年07月13日

第110回「強者の隠し事」

 〜ゲーセンにて
 「さて、メルブラでもやるかな」
 「お前はその手のゲームはどのくらいできるのか?」
 「さあ、コンシューマバージョンでは結構極めてるよ大会でも何度か優勝した程度」
 「それは相当なやり手ってことじゃねーか?」
 「そうかな、何回かやれば巧くなるよ」
 「いや、それ巧いとかそういうレベルじゃないと思うぞ」
 「じゃあさっそく……」
 「――……2ラウンド全て、かなりの大差をつけて圧勝してたな」
 「そりゃあ相手が弱かったんじゃないの?」
 「……とりあえず、勝負してくれ」
 「いいよ――」
 「――……さっきの人とは比べ物にならないほどの超圧勝ってとこか?」
 「私って強いのかn――」
 「あたりまえだっつの!」

気付いてる人は居ると思いますが
誤爆いたしました……orz

すいません
posted by にのすけ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第110回「強者の隠し事」

 〜ゲーセンにて
 「さて、メルブラでもやるかな」
 「お前はその手のゲームはどのくらいできるのか?」
 「さあ、コンシューマバージョンでは結構極めてるよ大会でも何度か優勝した程度」
 「それは相当なやり手ってことじゃねーか?」
 「そうかな、何回かやれば巧くなるよ」
 「いや、それ巧いとかそういうレベルじゃないと思うぞ」
 「じゃあさっそく……」
 「――……2ラウンド全て、かなりの大差をつけて圧勝してたな」
 「そりゃあ相手が弱かったんじゃないの?」
 「……とりあえず、勝負してくれ」
 「いいよ――」
 「――……さっきの人とは比べ物にならないほどの超圧勝ってとこか?」
 「私って強いのかn――」
 「あたりまえだっつの!」

気付いてる人は居ると思いますが
誤爆いたしました……orz

すいません
posted by にのすけ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

第109話「変質者の弁え」

 「いつになっても変質者は減らないモンだよね」
 「新聞見てると変な事件多いものね」
 「怖いとは思うのだけど、そんなに実感が湧かないっていうのが本当の恐怖かもしれませんね」
 「犯人側も同じなんじゃない?」
 「どういうことだ?」
 「ゲームとかやってて、知らず知らずのうちに現実と幻想がごっちゃになって現実味の湧かないまま誘拐しちゃうとか」
 「最近はそういうのも多そうだしね」
 「で、実際のところどうなの? 前の席の人?」
 「なぜ俺に聞く」
 「いや、しそうな人この中には君しか居ないじゃない」
 「という訳で。――カツ丼用意しようか?」
 「いらねーよ。――ていうかなぜ俺が変質者決定なんだ?」
 「そりゃあー……ねぇ?」
 「え、ええ」
 「そうね」
 「……なんか心の中の何かを捨てられたような気がするんだが……。さすがに現実と幻想がごっちゃになることは無いと思うが……一応理性くらいはどんなオタクでもあるんじゃないか?」
 「その理性を開放する場所を誤って行動にでちゃうと……。以上、容疑者からの発言でした」
 「誰がだ!!」
posted by にのすけ at 21:58| Comment(9) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第109話「変質者の弁え」

 「いつになっても変質者は減らないモンだよね」
 「新聞見てると変な事件多いものね」
 「怖いとは思うのだけど、そんなに実感が湧かないっていうのが本当の恐怖かもしれませんね」
 「犯人側も同じなんじゃない?」
 「どういうことだ?」
 「ゲームとかやってて、知らず知らずのうちに現実と幻想がごっちゃになって現実味の湧かないまま誘拐しちゃうとか」
 「最近はそういうのも多そうだしね」
 「で、実際のところどうなの? 前の席の人?」
 「なぜ俺に聞く」
 「いや、しそうな人この中には君しか居ないじゃない」
 「という訳で。――カツ丼用意しようか?」
 「いらねーよ。――ていうかなぜ俺が変質者決定なんだ?」
 「そりゃあー……ねぇ?」
 「え、ええ」
 「そうね」
 「……なんか心の中の何かを捨てられたような気がするんだが……。さすがに現実と幻想がごっちゃになることは無いと思うが……一応理性くらいはどんなオタクでもあるんじゃないか?」
 「その理性を開放する場所を誤って行動にでちゃうと……。以上、容疑者からの発言でした」
 「誰がだ!!」
posted by にのすけ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

第108回「希望的価値」

 「聖地での無差別殺傷事件、今更だが、酷いよなあ」
 「酷いよね、ホコ天もなくなっちゃうし……」
 「……まあ。ところでお前はそのときいたのか?」
 「いやあ、私は乙女ロードの方にいたからさっぱり」
 「ほー」
 「もし現場に居たとしてもなんか生き残るような気がするんだよね、ゲームの影響やらなんやらで」
 「そこまでくると重傷だなとは思うが、あながち人のことが言えないってのが困るよ」
 「きっと宝くじかなんかも同じなんだろうね。当たらないとは思うんだけど当たる確立はゼロじゃないからって思って」
 「そう思うと巧く手の内に乗らされてるなって思うよ」
 「まあ経験してけばそれがどれだけ希望的観測かってわかって来るんだけどね」
 「お前は……」
 「今までどれだけ損したのか……私は人生の負け組みかも……」
 「お前も大変なんだな」
posted by にのすけ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第108回「希望的価値」

 「聖地での無差別殺傷事件、今更だが、酷いよなあ」
 「酷いよね、ホコ天もなくなっちゃうし……」
 「……まあ。ところでお前はそのときいたのか?」
 「いやあ、私は乙女ロードの方にいたからさっぱり」
 「ほー」
 「もし現場に居たとしてもなんか生き残るような気がするんだよね、ゲームの影響やらなんやらで」
 「そこまでくると重傷だなとは思うが、あながち人のことが言えないってのが困るよ」
 「きっと宝くじかなんかも同じなんだろうね。当たらないとは思うんだけど当たる確立はゼロじゃないからって思って」
 「そう思うと巧く手の内に乗らされてるなって思うよ」
 「まあ経験してけばそれがどれだけ希望的観測かってわかって来るんだけどね」
 「お前は……」
 「今までどれだけ損したのか……私は人生の負け組みかも……」
 「お前も大変なんだな」
posted by にのすけ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

第106回「都合上の線」

 「私ね、格ゲーはある意味ヤンデレゲームだと思うんだよね」
 「なんとなく予想が着く件について」
 「思ってるとおりだよ、たまにどういう成り行きで戦うことになったとか書いて無いじゃん、それに割と仲の良いキャラクターが最初のうちに曖昧な理由で殺しあったりするじゃん」
 「……殺しあうとか、あながち間違えじゃ無いのかもしれんが、確かに良くわからないところもあるよな」
 「まあゲームの都合上なんだけどね」
posted by にのすけ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第106回「都合上の線」

 「私ね、格ゲーはある意味ヤンデレゲームだと思うんだよね」
 「なんとなく予想が着く件について」
 「思ってるとおりだよ、たまにどういう成り行きで戦うことになったとか書いて無いじゃん、それに割と仲の良いキャラクターが最初のうちに曖昧な理由で殺しあったりするじゃん」
 「……殺しあうとか、あながち間違えじゃ無いのかもしれんが、確かに良くわからないところもあるよな」
 「まあゲームの都合上なんだけどね」
ラベル:ヤンデレ 格ゲー
posted by にのすけ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

第107回「考えても見てください」

 「んで、結局どのへんが違うんだ?」
 「今までその手のゲームはある程度あったんだけどね、――もちろんBL以外だよ――やっぱり、東方のパーソナルはダメっていうのとおなじように、区別しなきゃいけないんだよ」
 「俺的にメジャーになってむしろいいと思うんだが」
 「――考えても見てください。我々がやっているようなBLブランドがいきなり男性向けのギャルゲ出してきたら買う?」
 「誰がうまいこと言えと……、たしかに買う気は失せるかもしれないな」
 「そんなもんだよ」
posted by にのすけ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第107回「考えても見てください」

 「んで、結局どのへんが違うんだ?」
 「今までその手のゲームはある程度あったんだけどね、――もちろんBL以外だよ――やっぱり、東方のパーソナルはダメっていうのとおなじように、区別しなきゃいけないんだよ」
 「俺的にメジャーになってむしろいいと思うんだが」
 「――考えても見てください。我々がやっているようなBLブランドがいきなり男性向けのギャルゲ出してきたら買う?」
 「誰がうまいこと言えと……、たしかに買う気は失せるかもしれないな」
 「そんなもんだよ」
ラベル:ギャルゲー BL
posted by にのすけ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

第106話「シリーズの分岐点」

 「女子向けエロゲーが某超有名ブランドから出たが、あれってどうなんだ」
 「ああー、その話はしないで頂けると……」
 「ショックでも受けたのか」
 「……」
 「何の話?」
 「乙女ゲームの発売に関しての議論」
 「で、なんでこの子は落ち込んでるわけ?」
 「常人には判らないんだよ、どうせ」
 「気になるわね」
 「その乙女ゲームが」
 「ち、ちがうわよ!いつもなら喜ぶと思うんだけど」
 「だってそんなものを出しちゃうなんて思っても無かったからね、ショックと言うか、裏切られた気分だよ」
 「でも少女コミックとは違うのか?」
 「違うんだよ、やっぱ今までどおりにシリーズ化していってくれればよかったんだけどね……スリーとか」
 「お前はよくわからんな」
posted by にのすけ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第106話「シリーズの分岐点」

 「女子向けエロゲーが某超有名ブランドから出たが、あれってどうなんだ」
 「ああー、その話はしないで頂けると……」
 「ショックでも受けたのか」
 「……」
 「何の話?」
 「乙女ゲームの発売に関しての議論」
 「で、なんでこの子は落ち込んでるわけ?」
 「常人には判らないんだよ、どうせ」
 「気になるわね」
 「その乙女ゲームが」
 「ち、ちがうわよ!いつもなら喜ぶと思うんだけど」
 「だってそんなものを出しちゃうなんて思っても無かったからね、ショックと言うか、裏切られた気分だよ」
 「でも少女コミックとは違うのか?」
 「違うんだよ、やっぱ今までどおりにシリーズ化していってくれればよかったんだけどね……スリーとか」
 「お前はよくわからんな」
posted by にのすけ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | そりゃ、あれでしょあれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。